お客様から頂いた温かい声

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ
営業時間:am10:30〜pm7:00 ご予約:03-3714-7909
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「ヨガ&ピラティス統合レッスン」の講師紹介!【ヨガ】

0
    このブログは産前・産後ケア専門の整体サロン
    中目黒ゆる木」の稲垣が書いております!
    稲垣プロフィールはこちら

    * * * * *


    8月から第1土曜日に毎月スタートする

    「ヨガ&ピラティス統合レッスン」

    のヨガの部はわたし、このブログの投稿者であり
    産前・産後ケアサロン「ゆる木」を営んでいる
    稲垣が担当させていただきます!

    整体師としてのプロフィールは冒頭をクリック
    していただくとして、笑。



    ヨガですね。



    3歳から器械体操をしていた私。

    飛び飛びではありますが、高校3年の夏まで
    教室に通ってやっていました。

    なので19歳のときにヨガと出会ったときは

    「逆立ち?できますよ?」
    「ブリッジ?え?みなさんできないの?」

    みたいな調子で公民館の老人生徒さんを尻目に
    ポーズは抜きん出てお茶の子さいさいでした、笑



    けどね、違ったんです。

    ヨガってポーズができればいいんじゃ全然ないの。



    家族の問題や自分の在りように迷って壁に
    ぶつかっていた19歳の頃。

    呼吸や瞑想や座学を通して先人の知恵があふれる
    ヨガは奥深く、簡単に感じたポーズもきちんと
    呼吸と連動させることで自分の硬さや滞りを
    しかと内観できる手段で、器械体操とは
    まったくの別物でした。

    体と心の関係についてもたくさんの教えがあり
    神田の古本屋さんで怪しげな(笑)専門書を
    見つけては買って読んでいました。

    まだまだオーム真理教の事件がみんなの脳裏に
    色濃く焼きついていた1990年代後半。

    自宅でこっそりと本を読んだり実践したりして
    裏の秘密の趣味としてヨガと関わりました。



    その後、堅実な2人の師に出会い自宅を飛び出し
    外で学ぶ機会に恵まれました。

    会社員時代からヨガを教える機会には恵まれ
    …と言うより多くの友達に生徒さん役をやってもらい
    教える経験をさせてもらいました。

    のちに、ヨガスタジオやスポーツジムでも
    レッスンを持たせてもらい整体師と二足の草鞋を
    はいて経験を積んできたのです。


    は〜、長くてすいません、笑。


    私のヨガは、ポーズはそれ程、大切にしません。

    ポーズは単なる手段のひとつ。

    「硬くてヨガは向いてないわ〜」

    と感じた瞬間に、もうヨガを実践していると
    言えます。

    なんでかって?

    体の在りように気づく

    それがとても大切なんです。

    心を変化させるのはとーっても難しい
    けど体は心に比べたら変化させやすいと
    ヨガではときます。

    なのでまずは体に注目できた。

    すごい一歩なんです。

    そのままで良い、心地よい、としてもOKだし
    やはり少しこう変化したい、など出てきたら
    それもOKです。

    変化の先はみんなと同じでなくていいですし
    柔らかくなる、が全てでもありません。


    そんなこんなで、

    気づきと変化の瞬間瞬間を
    一緒に楽しんでもらえるようなレッスンに
    していきたいと思ってまーす!!




    ☆.・*・…☆.・*・…☆.・*・…
    ゆる木のホームページはこちらクリック

    Facebook「中目黒ゆる木」
    インスタ「nakameguro_yurugi」

    ゆる木
    03-3714-7909
    目黒区上目黒2-13-4 クレストモア301
    日曜定休
    10:30〜19:00最終的受付




    ゆる木情報 | permalink | comments(0) | - | - | -

    「ヨガ&ピラティス統合レッスン」の講師紹介!【ピラティス】

    0
      このブログは産前・産後ケア専門の整体サロン
      中目黒ゆる木」の稲垣が書いております!
      稲垣プロフィールはこちら

      * * * * *


      8月から毎月第1土曜日に

      「ヨガ&ピラティス統合レッスン」

      と銘打って、10:30〜12:00にゆる木店内にて
      レッスンを始めることにしました!

      →詳しくはこちら

      今日はピラティスを担当していただく

      加藤さゆり先生のご紹介です!!



      運動指導歴16年になるさゆり先生。

      運動指導をしている中で
      体について学ぶ必要性を強く感じたんですって。

      西洋医学の医療機関でお仕事をしてみて
      西洋医学の限界に気づき、今度は東洋医学や
      心理療法も学んだそうな。

      手広いですよね〜。

      さゆり先生、当時は腰痛持ちで整体のお世話に
      なっていたですが、

      いつまで通うのー!?

      と思うようになったときにセルフケアの一環で
      ピラティスに出会っちゃうんです。


      これがさゆり先生とピラティスの出会いです。

      なにせ探究心旺盛、勉強熱心、体力豊富な先生、
      ピラティストレーナーへ転身したんです!



      さゆり先生のピラティスを受けてみると、
      医学の先生に体を見てもらっている感じが
      あります。

      「ふむふむ、これはどう?」
      「じゃあ、これは??」

      なんて調子で、体を動かしたり確認したり。

      個々人の調子や可動域、雰囲気を見つつ
      先生の頭の中グルグルといろんな可能性や
      必要なことをはじき出してくれているのが
      伝わってきます。



      ゆる木では、グループレッスンですが
      みなさまの雰囲気や体をみて感じて、
      その時々で最良のレッスンをしてくれること
      請け合いです*\(^o^)/*


      そんなさゆり先生のブログは…

      こちら!



      ☆.・*・…☆.・*・…☆.・*・…
      ゆる木のホームページはこちらクリック

      Facebook「中目黒ゆる木」
      インスタ「nakameguro_yurugi」

      ゆる木
      03-3714-7909
      目黒区上目黒2-13-4 クレストモア301
      日曜定休
      10:30〜19:00最終的受付

      ゆる木情報 | permalink | comments(0) | - | - | -

      ゴム紐でカンタン授乳

      0
        前にも授乳にはゴム紐を活用するといいよ!

        というブログを書きました。

        その記事はこちら!

        ずっと通っていただいてるママさんが2人目を
        ご出産されて、授乳の話になった際に

        ゴム紐って楽ですよね〜

        なんてお話ししたら意外にも知らなかった!!

        まだまだお伝え漏れありますね。



        ゆる木では、ゴム紐を必要な方に
        お配りすることにしました!!

        ぜひ、まだお持ちでない方、使い方を再度
        知りたい方はお声がけくださいませ!!

        授乳 | permalink | comments(0) | - | - | -

        公園で大人の会話術

        0
          公園の砂場でよく見かける風景。

          「お友達に貸してあげなさい!」
          「かーして!してからよ!」
          「それはお友達のよ!使っちゃダメ!」

          いづれも砂場用のオモチャをめぐっての親が
          子に放つセリフです。

          親同士がその場にいることがほとんどです。





          先日、アメリカのママさんのTwitterが
          炎上したそうです。

          「息子が公園で遊びたいオモチャを5つくらい
          持って行き、公園についたとたん知らない子達が
          『貸して貸してー!!』と周りを囲みました。
          私は息子に貸したくないならNOと言って
          いいのよ、と伝えました」

          これに対して異論を唱えた人たち。

          「他人に優しくなる、人に物を貸してあげる
          精神を教えるのが親の役目じゃないのか!」

          と。


          ママさんは反論します。

          「お友達ならともかく、なぜ突然知らない子に
          自分が遊ぼうとして持参したオモチャを貸して
          あげないと行けないの?
          では、あなたは公園についたとたん見ず知らずの
          人に『スマホ貸して!』って言われて貸します?
          それと同じで、NOと言った後からも対話は
          生まれます」





          とある保育園の先生が、子ども同士の対話の
          大切さを説いています。

          そのブログはこちら。

          ブランコに乗っていたい子
          代わってもらいたい子たち

          保育園という場なので先生は忍耐強く、
          子どものどうしたいかをうまく引き出して
          子ども同士対話させることで、一週間かけて
          変化を起こします。





          アメリカのママは、子どもに自分の意思を
          伝えて良いとしている。

          保育園の先生は、子ども同士の対話を、
          子ども自ら考えて納得した上での行動を
          大切にしています。





          さて、再度冒頭の公園の砂場に戻りましょう。

          親同士が周りを囲んでいる砂場で、

          「お友達に貸してあげなさい!」
          「かーして!してからよ!」
          「それはお友達のよ!使っちゃダメ!」

          ここには、

          親の気持ち・とってほしい態度・体裁

          を一方的に子どもに向けられているだけです。

          上記のアメリカのママの主張はきっとみんな
          心にあると思います。

          「うちの子が遊んでいるのになぁ〜」

          でもそれを押し殺して世間体を気にして

          「お友達に貸してあげなさい!」

          という方が多いと思います。



          「かーしてしてからよ!」

          「貸して」と言ったからって「どうぞ」が
          待っているとは限りません。

          なにせ子どもですからね、笑。

          親はそれはもちろん分かっていますが、子どもにしたらどうでしょう?



          「お友達のだから使っちゃダメ!」

          これは一概にそうとは言えませんよね。
          自分の持ってきたオモチャだけど、全く興味が
          なくてほっぽらかしてあるときもあります。

          あるいは、対話そのものをしないことになる
          危険性もあります。





          色々と書きましたが、私がやるのはただ一つ

          子どもの親がすぐそばにいたら、まずは親に
          こんにちわと挨拶をします。

          世間話し程度の会話を交わし、和やかな雰囲気を
          子どもの頭上で作ることで、ありがちな
          子ども同士の「使いたい」「貸したくない」
          問題は別物に変わります。


          前述の保育士さんの目指す子ども同士の対話や
          アメリカ人の子どものような自己主張の尊重が

          親も少し絡むと、わりとスムーズに一歩通行に
          ならずにうまあか着地点が見つかるものだと

          砂場問題に何度も遭遇して気づきました。


          育児をしてみないと分からないこと、
          やってみないと気づかないこと、
          たくさんあります。

          皆さまも砂場問題に遭遇したら、
          大人の会話を楽しみつつ、子どもの様子を
          伺ってみてはどうでしょうか?






          育児 | permalink | comments(0) | - | - | -

          1人目のママ2人目のママ

          0
            このブログは産前・産後ケア専門の整体サロン
            中目黒ゆる木」の稲垣が書いております!
            稲垣プロフィールはこちら

            * * * * *

            1人目のママは、赤ちゃんが泣いたら
            傾向と対策を模索しがち。

            毎日成長している赤ちゃんは日々進化していて
            傾向は毎日更新されて、対策を練っても
            効果がなかったりします。

            それはまるで24時間おきに新たに更新される
            解読不能な暗号のよう。
            (←ドイツ軍のエニグマ、分かります?笑)

            まぁエニグマは置いておいて…笑

            人間を宿して出産するという奇跡を起こしても
            育児はどうも生産性がない感じがして
            傾向と対策に奔走し、蜜月を楽しめない方も
            多いかと思います。



            2人目ママは、1人の人間を育ている経験から
            日々同じものはなくて、対策を練るだけ自分が
            疲れちゃうことを知っています。

            空の雲を見上げたり、虫と格闘したり
            塗り絵やパズルを手伝ったり、ひとつひとつ
            丁寧に付き合うことが子育ての近道という
            ことを感覚的に体験することで今を存分に
            味わうことを訓練させてもらうんですね〜。

            そこからの、2人目育児は別物だとみなさん
            口を揃えておっしゃいます。

            傾向はあんまりないから、今に向き合う。

            この尊い瞬間がこの一瞬であることを
            感じられることで、赤ちゃんとの向き合い方って
            変わるんでしょうね。

            1人目育児、2人目以降育児。

            それぞれのその時を、迷っても格闘しても
            存分に味わうためにも、やはり健康って大事だな

            と改めて思う毎日です。


            ☆.・*・…☆.・*・…☆.・*・…
            ゆる木のホームページはこちらクリック

            Facebook「中目黒ゆる木」
            インスタ「nakameguro_yurugi」

            ゆる木
            03-3714-7909
            目黒区上目黒2-13-4 クレストモア301
            日曜定休
            10:30〜19:00最終的受付
            育児 | permalink | comments(0) | - | - | -