お客様から頂いた温かい声

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ
営業時間:am10:30〜pm7:00 ご予約:03-3714-7909
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

子育て中のストレスを探る01

0

    先日、富山と金沢へ行ってきました。



    時間に追われてないのんびりな旅をして、もうすぐ4歳男児の子育て中のストレスについていろいろ気づくことができました。


    まずはこちら


    /討箸靴討寮嫻い隼間制限


    もちろん赤ちゃんや子供がいなくても、仕事に行く時間、仕事での締め切りなどタスクはたくさんあります。


    どれも時間で区切られていますね。


    でも子育て中だと、変則的な生き物(子供)を相手に進行中の事柄を中断され続けながら、タスクをこなさなければなりません。


    化粧も料理も掃除も洗濯も、一気にやり終えることは難しいものですよね。


    そして、さらにその変則的な生き物にご飯をあげて、着替えさせて、お風呂に入れて、歯を磨いて寝かしつけをしたりします。


    もちろんこれも一筋縄で行くわけはない、笑。


    〇〇をしよー!

    はーい!


    なんてすんなり行くことはほぼなく、あらゆる障害が立ちはだかります。


    そんなに食べなくても、歯をきちんと磨かなくても、薄着でいようが、何時に寝ようが、別にいいじゃないの!!


    という状況なら親(主にママ)も気楽です。


    でもそうは行かない。


    なぜなら、虫歯になったり、風邪を引いたり、不規則な生活になって体調を崩したり、


    我が子がかわいそうな状態になることを避けたい


    ア〜ンド


    そうなると、なにより親が大変、笑。


    きちんと管理しないことで、仕事を休まないといけない、看病する、自分も疲れる、風邪などがうつる、家のあれこれが回らなくなる


    が待ってるんですね。


    その全てを想像できてしまうから、


    ほら早く着替えて〜!

    お風呂はいるよ〜!

    歯を磨くよ〜!!

    もう寝る時間だよ〜!


    と促し続けます。

    ひたすら。


    旅だとね、親の


    「まっいっか」


    がまかり通ります。


    だからとても気が楽。


    孫はかわいい


    は、「まいっか」で付き合えるからですね。

    旅にいるようなものなのかもしれません。


    責任のある親が毎日まいっかじゃいられない、そしてワンオペ育児であればあるほど、まいっかのスペースは少ないんですね。




    旅から帰り日常にもどって、責任と時間に追われることがストレスの一因だわ!!


    と気づいた次第です😃







    育児(3歳) | permalink | comments(0) | - | - | -

    映画「タリーと私の秘密の時間」を観ました

    0

      このブログは産前・産後専門の整体サロン「ゆる木」オーナー稲垣さなみが書いています。


      *  *  *


      シャーリーズ・セロンが20kg増量して挑んだ映画「タリーと私の秘密の時間」を観ました。

       


      3人目を妊娠した40代の主人公が出産後に育児に疲れナイトシッターを雇う物語です。

      ナイトシッターとは、夜だけ家に来てくれて赤ちゃんが夜泣きをしたらあやしたり、授乳のタイミングでママのそばに連れてきてくれるシッターさん。

       

      最近、ゆる木のママさんたちにやたらこの作品を勧めています、笑。

       

      主人公は3人のママだけど、子供を1人でも産んだことのある女性ならめっちゃ共感できるシーンが満載!

       

      冒頭、3人目を出産したあとに描かれる「授乳→オムツ替え→寝かしつけ→泣いて→授乳→オムツ替え」の夜間も続くエンドレスリピートがジャンプカットで畳みかけるように映し出されます。

       

      これね、まったく大袈裟な描写じゃなくてリアル!リアルなことなんですヨ!!

       

      と映画館の隣のおじさんに言いたかったな〜、笑。

       

      新生児を育てているときの夜間の孤独感や、上の子どもたちの子育て中に生じるイライラ。

      何歳になっても子育ての中で起こるアレコレが上の子たちの子育ても通して描かれています。

       

      そして、この映画のもうひとつの見どころは「若さの喪失」「女性性の半喪失」「若さへの羨望」にあるように思います。

       

      ついに雇ったナイトシッターは、若くてキラキラしていて溢れんばかりのエネルギーに満ちています。

       

      産後ってとくに、女性的に授乳はしているのだけど、男性・女性という観点からの女性性はむしろナシになりますよね。

      そうでないと育児に没頭できないし。

      でもそれって女としてちょっと寂しくもある。

      妊娠期からシミやシワも増えるし、産後は自分に費やす時間なんてないに等しくて「老い」を感じる瞬間が増えて、若さやエネルギーとはややかけ離れた時間が過ぎますよね。

       

      若くてキラキラしたナイトシッター・タリーと口論になる場面でタリーに言われます。

       

      「あなたはみんなが欲しいものを手にしている。結婚してステキな旦那さんとかわいい子どもたち。安定した毎日変わらない日常」

       

      このセリフできっとママになった私やあなたはハッとさせられますネ。

       

      人ってついないものねだりしたり、隣の芝が青かったり。

       

      でも私たちはすで過去においてタリーのような、若くてキラキラしてエネルギッシュだった時代を懸命に生きてきているんです。


      ただ、その時は自分がキラキラして、とある人たちから羨望のまなざしで見られているんだなんて気づきもしない。

       

      そう、だから産後にボロボロで自分の時間がなくて、子供に束縛されているように感じてしまって、洋服に袖をとおすのだって億劫に感じたとしても、その姿はきっと誰かの羨望の的なんですよね。

       

       

      映画のラストにはきちんと驚きも用意されています。

      その驚きを知った時、みなさんはどう感じるかしら?

      聞かせてほしいです。



      産前・産後ケア「中目黒ゆる木」

      目黒区上目黒2-13-4-301

      03-3714-7909

       

       

      雑記 | permalink | comments(0) | - | - | -

      海外で活躍しているドゥーラのお話し

      0
        このブログは産前・産後ケア専門の整体サロン
        中目黒ゆる木」の稲垣が書いております!
        稲垣プロフィールはこちら

        * * * * *

        ドゥーラって聞いたことありますか?

        アメリカで始まった、産前・出産・産後をサポートする方達のことです。

        日本と違って助産師さんがばっちり介添えをしてくれないアメリカでは「出産ドゥーラ」が「産後ドゥーラ」より多くいるそうです。

        出産ドゥーラは日本での助産師さん的役割を担います。

        私の友人でアメリカでは出産した日本人の女性は出産ドゥーラをお願いして、病院でずっとそばにいてくれ、マッサージや呼吸法などものお手伝いをしてくれとても心強かったそうです。

        近年、日本にもやってきたドゥーラですが、助産師さんがいるが故に「出産ドゥーラ」よりも「産後ドゥーラ」のほうが多いのが現状。

        産後のあらゆる面でのサポートを担います。


        ある意味ゆる木で行っているケアもドゥーラ的な要素をはらんでいると言えますね。





        世界で活躍する日本人ドゥーラをつなげる役目を担うdoula ship japanが主催するイベント。



        Facebookで見つけて、ぜひ聞きたい!と思い参加表明しましたら、なんと以前ゆる木の技術講習を受けて頂いたボストン在住の宇津澤さんが講師のお一人でした!!

        ご縁ですね〜。

        アメリカでの出産事情やドゥーラの現状、ドゥーラの役割など盛りだくさんで聞くことができました。

        アメリカでは産後ドゥーラがイマイチ浸透しない理由に、日本よりもシッターや家事代行などお金を払って身の回りのことを外注する文化であること、を挙げていました。

        なるほど。

        日本は最近でこそ、産後にファミサポさんやシニアサポーターさんに家事や上の子の送り迎えをお願いする、あるいは高齢者がケアマネさんに買い物や食事作りをお願いする、という外注サービスが浸透してきています。

        高齢出産や共働きが増えた都市部でもっとドゥーラが浸透してwin winの関係が広まればいいですよね。





        イベントのご参加者は、すでにドゥーラとしてご活躍の方や、医師、助産師などそうそうたる顔ぶれ。

        中には噂には聞いていたゆる木のご近所さんのセラピストさんもいらっしゃって、多くの方とつながることができました。





        さて、出産に関わる女性のサポートをするゆる木として、今後どのような形で関わっていけるか、関わっていきたいか、しっかりと考えていきたいと思います。




        まずは、ゆる木でおっぱいケアがやりたいんです。フリーの助産師さん、いい方がいらっしゃったら話を進める予定でいます!!


        ☆.・*・…☆.・*・…☆.・*・…
        ゆる木のホームページはこちらクリック

        Facebook「中目黒ゆる木」
        インスタ「nakameguro_yurugi」

        ゆる木
        03-3714-7909
        目黒区上目黒2-13-4 クレストモア301
        日曜定休
        10:30〜19:00最終的受付
        雑記 | permalink | comments(0) | - | - | -

        抱っこ紐講座@都立大学コッコロ

        0
          このブログは産前・産後ケア専門の整体サロン
          中目黒ゆる木」の稲垣が書いております!
          稲垣プロフィールはこちら

          * * * * *

          都立大学にありますマンマの会主催の「コッコロ」さんにて抱っこ紐のつけ方講座を開催させてもらいました!



          参加者は7名様プラス7名の赤ちゃんたち。2ヶ月から10ヶ月の子が来てくれました!

          ・産前と産後の女性の体の変化
          ・出産時の骨盤のお話し
          ・正しく楽な立ち姿勢
          ・素抱っこのやり方
          ・赤ちゃんの抱き上げ&降ろし方
          ・赤ちゃんの背骨の成長について
          ・抱っこ紐のつけ方
          ・おんぶへの移行方法

          という流れの90分。



          今回はエルゴ、ベビービョルン、ストッケの3種類。それぞれの長短もお伝えさせて頂きました。



          マンマの会が主催のコッコロはボランティアの方々で成り立っています。

          みなさまざっくばらん、優しく知識も豊富で、とっても温かい空間です。

          利用料は1日100円。

          オモチャや絵本がありゆったり赤ちゃんと過ごせますヨ。


          ☆.・*・…☆.・*・…☆.・*・…
          ゆる木のホームページはこちらクリック

          Facebook「中目黒ゆる木」
          インスタ「nakameguro_yurugi」

          ゆる木
          03-3714-7909
          目黒区上目黒2-13-4 クレストモア301
          日曜定休
          10:30〜19:00最終的受付

          抱っこ紐のつけ方 | permalink | comments(0) | - | - | -

          オールで遊ぶのがキツくなる前に産んだ方がいい

          0
            このブログは産前・産後ケア専門の整体サロン
            中目黒ゆる木」の稲垣が書いております!
            稲垣プロフィールはこちら

            * * * * *

            ザ・高齢出産で初産のお客様が

            「こんなに育児が大変だって誰も教えてくれなかった。こんなに大変なら結婚してすぐ作るんだった。国をあげてみんなに伝えた方がいい事案だ」

            とおっしゃっていました。

            本当にその通りです。

            医学が進んで体外受精すれば高齢でも授かるのよね?と思っている妙齢な女子も私の周りに多くいます。

            でも妊娠出産って、ゴールでなく通過点。

            と言うより、始まりです。

            もちろん35歳過ぎた方で妊活中の方にもバンバンがんばって欲しいですし、体外受精に挑んでいる方に1日でも早く赤ちゃんが授かることを願ってやみません。

            いま、若い人!!

            20代だったり30代前半の方!!

            取り組めるならすぐ子作りに取り組んでください!!

            「避妊やめても意外にできないものだわね」なんて声も多くあります。

            できるかできないかの壁を無事に乗り越えて、運良く授かった先に

            子育てが待っています。

            その子育てって本当に本当に大変なのです!!

            楽しいし可愛いからみんなやれてるけど、大変なことに変わりはないのです。


            「今日の送別会のあとオールらしいよ?」

            「え?いまからカラオケ?終電なくなるじゃん、ムリムリ」

            「いや〜今日はお先に失礼いたしまーす」

            とコッソリ抜けてきたそこのアナタ!!!

            「寝ないと肌に響くな〜」

            も言っているアナタ!!!

            仮にオールしてもカラオケでちょっと仮眠できたり、翌日土曜日で昼まで眠れたり、そういう抜け道があります。

            けど、戦場から帰還した兵士さながらの出産を終えたアナタには、自分のタイミングでの仮眠もなければ休日もないんです!!


            「あ〜昔はオールした翌日も普通に仕事できたな〜」
            「肌の調子とかあんまり気にならなかったな〜」

            という元気いっぱいの時代に遊びたい、働きたい気持ちは重々分かります。

            私がなによりそうでした、笑。

            でもね、10年産後ケアに携わってきた私が本当に感じるのが年齢によって産後の体が全然違うこと。

            年を重ねてからの出産て心に余裕がある、と一般的に言われていますし、そういう面も往々にしてあります。



            でもね、体がやっぱり若い人より疲れてるんです。



            疲れている分、余裕がない部分もあることも確か。

            20代のママの体が新品の輪ゴムだとすると、30代、40代と進むにつれてずーと巻きついて硬くなった輪ゴムみたいなのです。

            あくまでも例えでして、批判してるわけじゃないですよ。

            会陰切開や会陰が裂けること、尿漏れや便のキレの悪さ、骨盤底筋や骨盤周りがグラつく感じ。

            出産中、出産直後の諸問題。

            さらにすぐ始まる授乳・抱っこ・オムツ替えの無限ループからくる肩こり腰痛、膝痛、足首痛、腱鞘炎。。。枚挙に暇がありません。

            これらの症状は、

            若い < 年齢が高い

            ということになります。

            もちろん若くても諸問題抱えている方、高齢出産でも元気いっぱいの方もいます。

            初産でも疲弊してる方、3人目のあとでも元気モリモリな方もいます。

            あくまでもざっくりとね。

            でも、一番みなさんが体でわかっていますね?

            昔より疲れやすい、寝ないと調子が悪い、体が冷えやすくなった、生理痛が前より重い気がする、などなど。

            さらには2人目以降妊娠しづらい、なんてこともあります(コレ私、笑)。


            卵子の老化とか卵巣年齢がうんぬん、もちろん大切。


            何にせよ若くして妊活に取り組む、産んで育てることが、ママになるアナタにとって元気に楽しく育児して、旦那へのイライラも少なく家族ハッピーになれる近道なんだと思います。


            高齢で妊活はじめてるみなさんも、もちろん一緒にがんばりましょう。

            そしてなかなか授からない想いの中にいるんなら、人生の先輩として若い友達のお尻を叩いてあげてください。

            元気は心の余裕を産む
            疲弊すると心も疲れちゃう


            そういうシンプルなお話しです。


            ☆.・*・…☆.・*・…☆.・*・…
            ゆる木のホームページはこちらクリック

            Facebook「中目黒ゆる木」
            インスタ「nakameguro_yurugi」

            ゆる木
            03-3714-7909
            目黒区上目黒2-13-4 クレストモア301
            日曜定休
            10:30〜19:00最終的受付







            産後ケア | permalink | comments(0) | - | - | -