お客様から頂いた温かい声

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ
営業時間:am10:30〜pm7:00 ご予約:03-3714-7909
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 完璧なママである必要はない | main | 妊活その6(2019年)ヾ蔽韻砲麓からない >>

35歳過ぎても出産は大丈夫という海外記事

0

    このブログは産前・産後ケア専門の整体サロン「中目黒ゆる木」の稲垣が書いております!

    * * * * *


    35歳を過ぎても赤ちゃんを産んでも大丈夫、という海外の記事を読みました。


    https://www.moms.com/having-baby-after-35/ 


    研究によると、いわゆる高齢出産の場合は


    ・精神が安定している

    ・財力が安定している

    ・寿命か伸びる


    などのメリットを挙げています。


    5人目を55歳で出産したり、35を過ぎてもなんなく健康な赤ちゃんを授かる人もいること、あるいは授からなくてもいまは


    ・体外受精

    ・精子提供

    ・子宮を借りるサロゲート


    があるとしています。




    私が産前産後ケアに10年携わる中で、一番言いたいのは


    「育てるのに体力がいる!!!」


    ということ。


    以前「オールで遊ぶのがキツくなる前に産んだほうがいい」というブログを書きました。

    http://voice.yurugi-iyashi.com/?eid=864722 


    確かに海外記事のいうとおり、産むことはできると思うのです。


    でもね、出産がゴールじゃないんです。


    出産のあとまずは新生児の1ヶ月、1歳までの1年、3歳くらいで少し落ち着きつつ、子供の体力も大勢に。小学校にあがるまでは充分に手がかかります。


    35歳を過ぎて産んで、まずのしかかるのが


    寝不足。


    イメージしてたほんわか新生児との生活とはかけ離れた、毎日24時間だるい、しんどい、それでなくても授乳抱っこで肩こりがくるのに、眠れないから回復しない、回復しないまま、毎日が過ぎてどんどんしんどくなる


    そのループ。


    そんなママさんたちを多く見てきました。


    若いママは、大変だけどどうにか切り抜けるんです。


    そして、手が少しかからなくなったなー、育児にも慣れてきたなーの7,8ヶ月。


    高齢出産のママさんは疲れたまま、6ヶ月くらいからの慣れない離乳食、一回食二回食と、もうどんどん大変になるの!?とつかれが抜けない中での育児なので疲弊していきます。




    みんな分かってるんですよね。


    若さには勝てません。





    もちろん女性の社会進出や自己実現を諦めて産んで育てて、と言ってるんでもありません。




    どうにか中長期のライフプランの中に、妊娠出産を入れて、人生をより元気に楽しく過ごしてもらいたいなーという思いがあるばかりです。


    ☆.・*・…☆.・*・…☆.・*・…

    Facebook「中目黒ゆる木」

    インスタ「nakameguro_yurugi」


    ゆる木

    03-3714-7909

    目黒区上目黒2-13-4 クレストモア301

    日曜定休

    10:30〜19:00最終的受付





    産後の身体 | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする