お客様から頂いた温かい声

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ
営業時間:am10:30〜pm7:00 ご予約:03-3714-7909
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 子育て中のストレスを探る01 | main | 恵比寿の「みかレディースクリニック」 >>

子育て中のストレスを探る02

0

    富山・金沢もそこまで田舎ではないですが、山々が連なり、低く夕日が沈む様子がAEONの駐車場からも見えます。


    週末のステキな公園はそれほど混雑はなく、遊具ものんびりと楽しめます。


    で、旅が終わり月曜の通勤ラッシュ。


    たかだか20分乗っただけで、どっと疲れが来ました。


    自然に沿った体のリズムが少しだけできたからこそ、都会での波動(?)をモロに受けてしまったんでしょう。


    都会の波動がデフォルトになってしまうことで、都会的な疲れとストレスになるんだな〜と感じました。


    ※富山県美術館にて


    子育て中のストレスを探る。


    昨日書きました


    /討箸靴討寮嫻い隼間制限


    に続きますのが


    ▲▲ぅ妊鵐謄ティのプチ消失


    子供時代から現在までみなさんがジワジワと形成してきたアイデンティティ。


    友達とか、部活とか、勉強とか、仕事とか、趣味とかetc.


    色んな影響下のもとで出来上がった個性溢れる「わたし」。


    それが母になることで「母」というくくりに入って「わたし」=「アイデンティティ」のプチ消失が起こるんだと思うんです。


    それは「〇〇ちゃんのママ」「〇〇君のママ」と呼ばれることにも代表されますネ。

    (ま、これに関しては実際に親になってママ友の下の名前を聞いてお互い名前で呼べばだいたい解決すると知りました、笑)



    旅の途中で立ち寄った富山県美術館。

    興味の薄い息子の手を引きながら、急ぎ足でポロックにピカソにジャスパー・ジョーンズにウォホールの作品の前を通り抜けました。


    昔好きだったみなさんお久しぶりです!笑


    みなさんの名前も作品も完全に脳内から消えかけている日常を送っています。


    でも作品を前に少しだけ「母」から「わたし」に戻れました。



    母になるとわたしに戻る、あるいはわたしで居る時間が本当に少なくなります。


    何かを築き上げてきてても、築き上げてこなくても、


    育児を丁寧にやっても、おおざっぱにこなしても、


    育児の中でやることはあらかた変わりません。


    我が子がかわいいからこそ、「心」も「頭」も「体」も育児にもっていかれます。


    「母」というアイデンティティに安住できる人は、ゆる木のママさんと話していても少ない気がします。わたしもしかり。


    それは2018年だから?


    都会だから?


    晩産だから?


    どれも当てはまるのではないでしょうか?


    そしてここでもワンオペの弊害ってあります。


    人の手があれば少しだけでも「わたし」の時間がとれますものね。



    育児でもんやりとイライラを感じたら、原因のひとつは「アイデンティティのプチ消失」かもしれません。


    「母」としてやりたいこと



    「わたし」がやりたいこと


    を整理して、「わたし」の部分を実行したら少しは心が軽くなるかもしれませんネ。


    そんなことに気づいた旅の美術館でした。



    - | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする