お客様から頂いた温かい声

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ
営業時間:am10:30〜pm7:00 ご予約:03-3714-7909
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 抱っこ紐講座@都立大学コッコロ | main |

海外で活躍しているドゥーラのお話し

0
    このブログは産前・産後ケア専門の整体サロン
    中目黒ゆる木」の稲垣が書いております!
    稲垣プロフィールはこちら

    * * * * *

    ドゥーラって聞いたことありますか?

    アメリカで始まった、産前・出産・産後をサポートする方達のことです。

    日本と違って助産師さんがばっちり介添えをしてくれないアメリカでは「出産ドゥーラ」が「産後ドゥーラ」より多くいるそうです。

    出産ドゥーラは日本での助産師さん的役割を担います。

    私の友人でアメリカでは出産した日本人の女性は出産ドゥーラをお願いして、病院でずっとそばにいてくれ、マッサージや呼吸法などものお手伝いをしてくれとても心強かったそうです。

    近年、日本にもやってきたドゥーラですが、助産師さんがいるが故に「出産ドゥーラ」よりも「産後ドゥーラ」のほうが多いのが現状。

    産後のあらゆる面でのサポートを担います。


    ある意味ゆる木で行っているケアもドゥーラ的な要素をはらんでいると言えますね。





    世界で活躍する日本人ドゥーラをつなげる役目を担うdoula ship japanが主催するイベント。



    Facebookで見つけて、ぜひ聞きたい!と思い参加表明しましたら、なんと以前ゆる木の技術講習を受けて頂いたボストン在住の宇津澤さんが講師のお一人でした!!

    ご縁ですね〜。

    アメリカでの出産事情やドゥーラの現状、ドゥーラの役割など盛りだくさんで聞くことができました。

    アメリカでは産後ドゥーラがイマイチ浸透しない理由に、日本よりもシッターや家事代行などお金を払って身の回りのことを外注する文化であること、を挙げていました。

    なるほど。

    日本は最近でこそ、産後にファミサポさんやシニアサポーターさんに家事や上の子の送り迎えをお願いする、あるいは高齢者がケアマネさんに買い物や食事作りをお願いする、という外注サービスが浸透してきています。

    高齢出産や共働きが増えた都市部でもっとドゥーラが浸透してwin winの関係が広まればいいですよね。





    イベントのご参加者は、すでにドゥーラとしてご活躍の方や、医師、助産師などそうそうたる顔ぶれ。

    中には噂には聞いていたゆる木のご近所さんのセラピストさんもいらっしゃって、多くの方とつながることができました。





    さて、出産に関わる女性のサポートをするゆる木として、今後どのような形で関わっていけるか、関わっていきたいか、しっかりと考えていきたいと思います。




    まずは、ゆる木でおっぱいケアがやりたいんです。フリーの助産師さん、いい方がいらっしゃったら話を進める予定でいます!!


    ☆.・*・…☆.・*・…☆.・*・…
    ゆる木のホームページはこちらクリック

    Facebook「中目黒ゆる木」
    インスタ「nakameguro_yurugi」

    ゆる木
    03-3714-7909
    目黒区上目黒2-13-4 クレストモア301
    日曜定休
    10:30〜19:00最終的受付
    雑記 | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする