お客様から頂いた温かい声

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ
営業時間:am10:30〜pm7:00 ご予約:03-3714-7909
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ヨガ&ピラティス統合レッスン」の講師紹介!【ピラティス】 | main | 子連れ旅で人の優しさに触れる >>

「ヨガ&ピラティス統合レッスン」の講師紹介!【ヨガ】

0
    このブログは産前・産後ケア専門の整体サロン
    中目黒ゆる木」の稲垣が書いております!
    稲垣プロフィールはこちら

    * * * * *


    8月から第1土曜日に毎月スタートする

    「ヨガ&ピラティス統合レッスン」

    のヨガの部はわたし、このブログの投稿者であり
    産前・産後ケアサロン「ゆる木」を営んでいる
    稲垣が担当させていただきます!

    整体師としてのプロフィールは冒頭をクリック
    していただくとして、笑。



    ヨガですね。



    3歳から器械体操をしていた私。

    飛び飛びではありますが、高校3年の夏まで
    教室に通ってやっていました。

    なので19歳のときにヨガと出会ったときは

    「逆立ち?できますよ?」
    「ブリッジ?え?みなさんできないの?」

    みたいな調子で公民館の老人生徒さんを尻目に
    ポーズは抜きん出てお茶の子さいさいでした、笑



    けどね、違ったんです。

    ヨガってポーズができればいいんじゃ全然ないの。



    家族の問題や自分の在りように迷って壁に
    ぶつかっていた19歳の頃。

    呼吸や瞑想や座学を通して先人の知恵があふれる
    ヨガは奥深く、簡単に感じたポーズもきちんと
    呼吸と連動させることで自分の硬さや滞りを
    しかと内観できる手段で、器械体操とは
    まったくの別物でした。

    体と心の関係についてもたくさんの教えがあり
    神田の古本屋さんで怪しげな(笑)専門書を
    見つけては買って読んでいました。

    まだまだオーム真理教の事件がみんなの脳裏に
    色濃く焼きついていた1990年代後半。

    自宅でこっそりと本を読んだり実践したりして
    裏の秘密の趣味としてヨガと関わりました。



    その後、堅実な2人の師に出会い自宅を飛び出し
    外で学ぶ機会に恵まれました。

    会社員時代からヨガを教える機会には恵まれ
    …と言うより多くの友達に生徒さん役をやってもらい
    教える経験をさせてもらいました。

    のちに、ヨガスタジオやスポーツジムでも
    レッスンを持たせてもらい整体師と二足の草鞋を
    はいて経験を積んできたのです。


    は〜、長くてすいません、笑。


    私のヨガは、ポーズはそれ程、大切にしません。

    ポーズは単なる手段のひとつ。

    「硬くてヨガは向いてないわ〜」

    と感じた瞬間に、もうヨガを実践していると
    言えます。

    なんでかって?

    体の在りように気づく

    それがとても大切なんです。

    心を変化させるのはとーっても難しい
    けど体は心に比べたら変化させやすいと
    ヨガではときます。

    なのでまずは体に注目できた。

    すごい一歩なんです。

    そのままで良い、心地よい、としてもOKだし
    やはり少しこう変化したい、など出てきたら
    それもOKです。

    変化の先はみんなと同じでなくていいですし
    柔らかくなる、が全てでもありません。


    そんなこんなで、

    気づきと変化の瞬間瞬間を
    一緒に楽しんでもらえるようなレッスンに
    していきたいと思ってまーす!!




    ☆.・*・…☆.・*・…☆.・*・…
    ゆる木のホームページはこちらクリック

    Facebook「中目黒ゆる木」
    インスタ「nakameguro_yurugi」

    ゆる木
    03-3714-7909
    目黒区上目黒2-13-4 クレストモア301
    日曜定休
    10:30〜19:00最終的受付




    ゆる木情報 | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする