お客様から頂いた温かい声

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ
営業時間:am10:30〜pm7:00 ご予約:03-3714-7909
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2歳児 舌 噛む | main | 子供と大人の承認欲求のこと >>

一日一善

0
    昨年は一日一善を目標に掲げたんですが
    これがなんとも毎日できちゃうんです。

    困っている人はいねーがー!!!

    と目を凝らして歩くと、いるわいるわ、笑。

    高齢化社会、老人大国ニッポンなので

    ・荷物が重くて階段が上がれなさそうな方
    ・駅の切符の買い方が分からない方
    ・券売機のタッチパネルが反応しない方
    (老人だから手がカサカサだからね、笑)
    ・自販機でまごついている方

    この辺りはテッパンです。


    ママさんたちもヘルプを必要としています。

    ・ベビーカーでの電車の乗り降り
    ・電動自転車を駐輪場に停める

    とくに駅前でよく見かけるこのタイプ


    横との幅が狭いのもあって、重い
    電動自転車を駐輪するのに一苦労。

    朝の時間帯にはよく遭遇しました。


    目の不自由な方もガンガン声をかけると
    半数以上はそれが日常なので

    「大丈夫です」

    と答えてもらえます。


    路線が分からない外国人も多くいます。
    アジア人でも地球の歩き方的なものを
    もっていたらツーリスト確定!

    そそくさと近づいて

    「どこまで!?」

    と日本語で聞けばだいたい大丈夫でした。




    困ってる人はいねーがー!!



    と目を凝らすと、実はその困っている人を
    横目で見守りつつもう一歩お手伝いに
    踏み切れ人も多くいることに気がつきました、笑。




    この一日一善をやりたくなったキッカケが…


    この映画!

    アバウトタイム〜愛おしい時間について



    【下記ネタバレあり】



    主人公の青年は代々受け継がれる能力、
    時間旅行ができます。

    同じ能力をもつ最愛の父親を亡くすんですが
    そのお父さんからひとつアドバイスをうけます。

    「なんでもない1日に戻って、
    その1日を見返してやり直してごらん」

    毎日積みかさなる、なんでもない日常。



    駅の売店で定員さんに冷たくせず、目を見て
    ありがとうと言うと、温かい空気が生まれる

    同僚の失敗をそのまま流さずに、堅物の上司を
    すこし冷やかして同僚の心を和ませる



    そんな日常の小さな心遣いひとつで
    その日が素晴らしいものに変わる。

    それに気づいた青年は

    「今日はどんな日だった?」

    と寝しなに妻に問われ

    「とても素晴らしい日だったよ」

    と答えます。



    素晴らしい毎日は
    自分の手にかかっている



    過去への時間旅行なんてせずにすむ
    素晴らしい毎日をわたしも送りたい!


    そう思っちゃったんです、笑。


    単純だからね、笑。

    サーフィン始めたのも映画を観たからだし、笑。


    きっかけはなんであれ!


    この一日一善、自分の精神にとーってもいいので
    引き続き「目標」ではなく「デフォルト」で
    行っていきたいと思います。



    困ってる人はいねーがー!!!!笑
    雑記 | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする