お客様から頂いた温かい声

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ
営業時間:am10:30〜pm7:00 ご予約:03-3714-7909
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 妊娠の継続ならず(人生2度目の稽留流産) | main | 時間がない!?は意識の問題!? >>

妊娠before and after 小さな変化のこと

0
    5月後半、まだ次の生理の予定日が少し先の頃
    青空ヨガをしていた時のことです。

    いつものポーズで恥骨がふんわりと痛みました。

    そのまま頑張ってしまったら恥骨が離れて
    しまうような不安を感じる痛みです。

    「おや?妊活中だしもしや妊娠した?」

    と思いました。

    靭帯を緩ませるリラキシンという女性ホルモンは
    着床と同時にで始めると言われています。

    やりなれたヨガのポーズでそれを
    感じ取れたのかもしれません。

    そのほかにも
    ・胸がたまにチリチリ痛む
    ・下を向いたとき耳鳴りがする
    ・うつ伏せで胸が少し痛い
    ・生理予定日3日前から子宮の鈍痛
    ・下腹部に脂肪がついたと感じる

    など、もしや?な変化がありました。



    そして6月に妊娠検査薬陽性。



    7月の中旬に妊娠はストップしてしまったわけ
    ですが、その際も小さなサインを感じました。


    ・胸の張りがなくなった
    ・食べづわりがなくなった
    ・ずっとあった寒気がひいた
    ・顔に普段できないニキビが出た
    ・手に湿疹が出た


    つわりから来るものなのか、
    つわりの時期が過ぎてつわり的なものが
    なくなった兆候なのか

    はたまた流産したのか

    その時点でははっきり分かりませんでした。



    けれど、頭と体でなんとな〜く
    ダメかもな。。。と感じていました。

    婦人科へ行くその日にキレイなピンク色の
    出血をした際には80%くらい

    やっぱりダメかもな〜

    予感は確信へと変化しました。




    流産の告知をうけて、さらに数日。

    ・食べづわり
    ・寒気
    ・頻尿
    ・食欲
    ・ノドの渇き
    ・胸の張り
    ・ダルさ

    が完全に消え体はみるみる元気になりました。



    お腹に生きていない赤ちゃんを抱えて
    掻爬(そうは)という処置をするまで
    およそ1週間を、そんな変化を感じながら
    ゆっくりと過ごしたのでした。


    ☆.・*・…☆.・*・…☆.・*・…
    このブログは東京・中目黒、産前産後ケアゆる木
    オーナー稲垣さなみが書いております!

    稲垣のプロフィールはこちらクリック
    ゆる木のホームページはこちらクリック

    ゆる木
    03-3714-7909
    目黒区上目黒2-13-4 クレストモア301
    10:30〜19:00最終的受付




    妊活その3(2016年) | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする