お客様から頂いた温かい声

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ
営業時間:am10:30〜pm7:00 ご予約:03-3714-7909
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 排卵チェッカーを買いました | main | 排卵チェッカー使用開始から3回目の排卵で妊娠 >>

計画的な妊娠を快く思わない旦那さんっていますよね

0
    いるんです、割と多く。

    ゆる木でも多くのママさんから旦那さんの
    意見が聞こえてきます。

    「計画的な子作りはしたくない」
    「自然にできるほうがいいと思う」
    「子どもは授かりものだよ」

    などなど。

    「ザ・子作りのための」はしたくないんですね。

    男性はなかなかロマンチストかもしれません、笑。

    そりゃあ、私たちももちろんそう思いますヨ。

    熱い恋、抱き合う2人、そして妊娠した。。。

    な〜んて。

    けど、それも20代まで!!!!

    そんな悠長なこと言ってらんないんです!

    年がいったら自分も旦那さんも仕事に責任が
    出てきて忙しいし疲れてるし

    だいたい上の子いたらなおのこと!

    どんどん月日がすぎるばかり!!

    焦るのはもっぱらリミットのある女性陣!!!



    排卵チェッカーの使用を旦那さんの意見や、
    自分でもなんとなく自然に出来たらいいなぁと
    いう想いから足踏みしている方へ


    私からのアドバイス。


    ・生理の周期を知るのとさして変わらない
    ・基礎体温をつけるのとも似ている
    ・自分の体のことを知るいい機会


    と思えばいいかなぁと思います。


    子作りはもちろん夫婦の問題。

    もちろんザックリと

    「そろそろ欲しいね」

    などのお互いの了解ありきですが、

    必ずしも、全てを包み隠さずに旦那さんに
    話さなくてもいいのでは?

    と思います。

    「今日、生理になりました!」
    「今日、生理が終わりました!」

    なんて伝えませんよね。

    その延長線上と言うのでしょうか。

    「排卵チェッカーを使っているから私は
    明確に排卵2日前を知ることができる」

    と言わなくても、お互いの子どもが欲しいなら
    なんとなくふんわり事に及べば旦那さんも
    応じてくれるのではないでしょうか?


    ただね、こんなことも聞きます。

    婦人科や排卵チェッカーなどでタイミングを
    とっている方たち。

    「今日です、という日に
    『今日なのでよろしく』と伝えづらい」

    というもの。



    私は思います。

    その声の先には…

    「『今日です』と言うのは事務的で
    ロマンチックな感じゼロだな〜」

    そう、女性もやはりロマンチックな感じは
    取り去りたくないんですよね。

    事務的なのもイヤなんですよね。



    …けど、自分から誘うのもイヤ。


    ココが問題です。




    和歌山で有名なおばあちゃん助産師さんの
    アドバイスは

    「大人っぽい下着を身につける」
    「なんなら裸にエプロン」

    です、笑。




    リミットがあって子どもが欲しいなら
    たまにはこういうこともアリだと思います。


    四の五の言ってらんないんです!!!笑




    1,排卵2日前を知っておく
    2,けど、旦那さんに伝えずに
    3,事に及ぶ雰囲気を自分で作る



    疲れてたり、眠かったりして
    自分から雰囲気を作ったり

    誘ったりするのは確かに億劫かもしれません。

    けど、排卵チェッカーを使えば、月に2,3回だけ
    ちょっと重くなってしまった腰を
    あげればいいんです。


    奥さん、月にたった2,3回だけですよ!!笑



    無駄はありません。



    そう思うと、やはり回り回ってご自身の周期や
    タイミングを知るといいと思いませんか!?










    妊活その3(2016年) | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする