お客様から頂いた温かい声

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ
営業時間:am10:30〜pm7:00 ご予約:03-3714-7909
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 8年目に突入しました! | main | オムツ離れとトイレトレーニング >>

子どもの発語についてのあれこれ

0
    1歳半になった息子。

    対象物と言語が一致してきています。

    女の子の脳の中の言語野は男児のそれの
    およそ5倍あるそうです。

    5倍!!!!

    どうりで同じくらいの月齢の女の子たち

    おはよー
    バス きた
    くつ

    など言葉が出ています。


    ※電車もブーブー

    初めての育児で、実際言葉ってどんな
    風に出てくるのか、興味津々のわたし。

    息子を観察していると

    「アー」とか「ウー」の母音の流れで
    「ワンワン」が出てきました。

    そのワンワンが犬につながることを
    認識し(正確には犬っぽいものすべて)
    音から言葉になっていきました。

    発語はできずとも、こちらの言葉の
    理解力はかなり高いです。

    - オムツ取って
    - 椅子に座って
    - その場に座って
    - リモコン取って
    - 出かけるよ(玄関へ行く)
    - 出かけるよ(靴下や靴を用意する)

    など物は試しで言ってみると通じるので
    こちらが驚きます、笑。

    ワンワンから発展して、最近は
    言ってみたい物を指します

    - パン
    - パトカー
    - スプーン
    - ブーブー

    パピプペポ、バビブベボは耳に
    届きやすいみたいで発音を試みます。

    さらに哺乳類すべてがワンワンではない
    ことに気づき、ニャンニャンと言える
    ようになりだした代わりに、
    慎重になりすぎで犬を見ても
    ワンワン!と自信をもって言わなくなりました。


    ※ワンワンと叫んでいた少し前

    こうやって「発音すること」と
    「対象と言葉の一致」を擦り合わせて
    人間は言葉を身につけていくのだなぁ
    と面白く観察しています。



    我が家はパパとママではなく
    お父さんとお母さん派。

    この一致はいつになることやら、笑。


    赤ちゃんの身体 | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする