お客様から頂いた温かい声

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ
営業時間:am10:30〜pm7:00 ご予約:03-3714-7909
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 年明けの検診やいかに!? | main | 提携の病院へ電話してみたら… >>

稽留流産という診断を受ける

0
    お客様から稽留流産という
    言葉を伺って、ネットで調べた
    矢先に、自分が稽留流産だった。

    そんな2014年1月6日。

    いろんなお客様から流産のお話や
    実際に流産後にお身体を整えに
    いらっしゃった方、あるいは
    個人的な友達の流産の話など

    仕事柄、多くの経験談を聞いていた
    こともあり、自分にもその可能性が
    あることはどこかでいつも感じて
    いました。

    覚悟もあったように思います。

    私の場合は、心拍も確認できない
    うちの稽留流産。

    1、妊娠検査薬で陽性
    2、婦人科で赤ちゃんの入る
      袋「胎嚢」が子宮にある

    ココまでクリアしましたが、
    胎嚢の中で「胎芽」と言われる
    赤ちゃんの種が育ちませんでした。

    と〜っても残念だったことは
    確かです。

    でも、自分でも不思議
    だったのは

    よし!
    排卵もできた!
    着床もクリア!
    旦那の精子もOK!笑

    次のチャレンジまで
    またがんばろー!!

    というい至ってポジティブで
    楽観的なものでした。

    あとで同じ流産経験者の
    ブログなどに目を通したら
    皆さん、はけ口としてその悲しみを
    余すところなく書き綴っています。

    自分があまりにも落胆してないので

    アリ?私がおかしい?

    と逆に不安になりましたが(笑)
    心の奥を探ってもやはり
    大きな悲しみはなく、前へ
    向かう楽しい気持ちが心の
    ほとんどを占めていたのでした。

    心はOK!

    しかし、身体は?

    妊娠の初期とは言え
    変化ししていたのですねぇ〜。

    このあと、なかなか得難い
    経験をしたのでした。







     
    妊活その1(あとの流産のこと) | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする