お客様から頂いた温かい声

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ
営業時間:am10:30〜pm7:00 ご予約:03-3714-7909
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 師走の疲れをとる旅 | main | 稽留流産という診断を受ける >>

年明けの検診やいかに!?

0
    12/24に受けた検診では

    「育ちがゆるいので
     様子見しましょう」

    と言われていた私。

    頭のすみにひっかかり
    というか
    心の隅で不安のような

    モヤモヤがなかったと
    言えばウソになります。

    つわりなのか定かではない
    吐き戻しをしながら
    年末年始を過ごし、
    いよいよ1/6は検診の日。

    ちょうど、その日にご来店の
    新規のお客様といろいろ雑談
    していた時のこと。

    「初産の前に1度流産を経験した」
    と伺いました。

    それは初期に起こる「稽留流産」。

    私の知識には
    「進行流産」「完全流産」「切迫流産」
    これくらいしかなかったので
    初めて聞くその名前が新鮮でした。

    お客様にはあまり深くは伺わず
    流産しても無事に授かり
    今まさに横に寝ている
    赤ちゃんを見て、命の尊さを
    感じておりました。

    お客様が帰宅後、すぐに
    「稽留流産」についてネットで
    検索したところ・・・

    胎嚢が子宮にあるが、胎芽が
    育たない状態の流産のこと

    とありました。

    ふむふむ。

    初期に起こる流産で
    健康な20代女性で10〜20%、
    40代では30%以上といわれており
    5回に1回は起きるもの

    ともありました。

    ひとつ勉強になった!!

    と思い、店を閉めて
    検診に行きましたら
    なんとまさに私がその
    稽留流産との診断を受けたのでした。

    こういうのもシンクロという
    のでしょうか、笑。

    先生から診断をうけても
    ついさっき勉強したばかりの
    稽留流産。

    ふんふん、分かりました

    と納得する反面

    もちろん

    ガーン!!!(*_*)

    となったことも確かです。
     
    妊活その1(あとの流産のこと) | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする