お客様から頂いた温かい声

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ

目黒銀座商店街|マタニティ(妊婦)ケア・産後ケア・骨盤矯正の「ゆる木」妊活・出産・育児ブログ
営業時間:am10:30〜pm7:00 ご予約:03-3714-7909
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

自然分娩とは?を考える

0

    助産院での「自然分娩」を
    希望していたわたしが、
    最終的に病院にて多くの
    医療行為の助けをうけて
    帝王切開にて出産しました。

    そこで、

    自然分娩とは何か?

    について改めて考えてみました。

    ・***・。..。・***・。..。・***・

    そもそも、なんで助産院で
    出産したかったのか?

    10代からヨガをやったり
    布ナプキンを使う月経血
    コントロールをしたり、

    体を内観する
    体の力を発揮させる

    ことに興味があったんです。

    例えば…

    紙ナプキンなど便利な
    ものを使うと、優秀な吸収帯の
    おかげで生理は流れ出るだけ。

    布にすれば、自ずと引き締めて
    トイレで排泄できる。夜はお腹で
    溜まれば勝手に目が覚めるところ
    まで脳とのつながりが持てる。

    筋トレも運動もヨガも同じような
    要素ってたくさんあると思うのです。

    そんな中で

    お産をするチャンスがあれば
    内観力を最大限活かしてみたい

    と、いつしか思うように
    なったのでした。

    ・***・。..。・***・。..。・***・

    ただ、助産院希望の中で
    何点か間違ってはいけない
    頭に入れておいたほうが
    いいことがある

    そんなことも考えていました。

    ●スタイルを重視するのは親のエゴ
    1番は母子の命である

    ●あまりにも医療を敵対視する
    助産院は選ばないようにしたい

    ●全体の1パーセントしか助産院で
    出産してない中で、母子の命に
    関わる問題が起こっている割合は
    主に助産院での出産で、リスクが
    高いことを認識する

    ●問題が起こってもどうしても
    病院搬送まで粘ってしまう
    助産院の風潮が高いことを認識する

    ●助産院での出産で万が一
    子どもが命を落とした時に
    〈生きる力が弱かった〉という
    枠に押し込められる可能性がある

    などです。

    さらに助産院や自然派の流れだと

    ・会陰切開
    ・促進剤
    ・帝王切開

    の医療行為は「不自然」と
    している。

    ・産む態勢=床でのフリースタイル

    を重視し、
    分娩台出産は「不自然」と
    している。

    こんなところが、挙げられます。

    私が出産した病院では
    陣痛・出産・養生が一体の部屋
    LDRがあり、分娩台もあるけれど
    フリースタイルでの出産も可能

    という、まさにいいとこ取りした
    施設でした。

    病院でも母体や胎児に問題が
    なければ…

    ・会陰切開せず
    ・促進剤を打たず
    ・帝王切開もせず
    ・フリースタイルで

    産むことが可能です。

    例えフリースタイルでなく
    分娩台の上だとしても
    果たして自然ではないか

    と言うと

    そうとは言えない

    というのが私の考えです。

    ・***・。..。・***・。..。・***・

    助産院や自然派の極端なところでは
    母体が不摂生をせずに過ごせば
    医療介入なしで「自然なお産」が
    できる。

    つまり

    不摂生な生活をすると
    病院送りになる

    という流れや傾向が
    あることは否めません。

    しかし私がゆる木で多くの
    ママさん達からお話を聞いて、
    その辺りの相関関係は
    曖昧だなぁーと感じます。

    万全の体勢で臨んだママさんが
    大量出血した、という一方で
    お菓子大好き宵っ張り、特に
    妊娠期に気をつけてませーん
    というママさんがスルッと
    出産していたり…

    今回の私もその一員ですネ、笑

    万全の体勢で臨んで
    最終的に帝王切開でしたもの。

    ・***・。..。・***・。..。・***・

    「自然なお産」からさらにもう一歩「いいお産」「安産」とは何か?

    これは出産前に受講した
    助産院での出産講座で
    助産師の先生がおっしゃっていた
    ことが思い返されます。

    「自宅希望だった産婦さんが
    最終的に病院へ送られて、
    帝王切開で出産されました。
    出産後のアンケートで
    『ご自身のお産は…
    安産 普通 難産 だった』の
    項目で安産に○がついてたんです。
    そのママさんは『子供も無事に
    生まれてとってもいいお産だった』
    とおっしゃったのです。
    助産師の固定概念でその人個人の
    お産を評価してはいけないと
    思いました」

    私も、帝王切開を経験して
    自分が難産だったか!?
    と問われたら、
    安産とまで言い切れませんが、
    とってもいいお産だったと言えます。

    今回の経験で
    自然派、自然なお産、助産院
    医療、命、選択、などなど
    さらに色んな角度から出産に
    ついて考えることができました。












    出産 | permalink | comments(0) | - | - | -

    術後から戦いは始まる!

    0
      ゆる木のお客様で
      帝王切開だったみなさま〜!!

      「私、帝王切開だったんです〜」

      とサラッと涼しい顔で
      おっしゃいますが、

      帝王切開は

      術後から戦いは始まる!

      なのですね!!

      もっとちゃんと体験談に耳を
      傾けずすみませんでした!!

      体験してその壮絶さ
      身を持って味わいました、笑。

      手術後、体はいろんな
      チューブにつながれています。


      ・栄養の点滴
      ・痛み止めの点滴
      ・背中の痛み止めチューブ
      ・酸素濃度を測定するもの
      ・足の圧をかけるマッサージ
      ・導尿のチューブ

      などです。

      手術を終えた夜、腹部の痛みで
      眠れず、さらに強めの痛み止めを
      お願いしました。

      痛みも去ることながら
      何がつらいって、
      お腹を切ったので腹筋が
      まったく使い物にならないこと。

      妊婦時代も腹筋が使えないので
      起き上がるときは
      横向きから、ゆっくりと体を
      起こしていました。

      それなんか比べものに
      ならないくらい腹筋ゼロです!!

      寝返りもうてませんので
      腕力が頼みの綱。

      支点・力点・てこの原理を
      総動員して起き上がります。

      ひとつの動作におよそ5分かかる

      そんな様子でした。

      かの井上雄彦のマンガ「リアル」の
      高橋という半身不随になった
      高校生のリハビリを彷彿とさせます。

      ※リハビリの先生「体のバランスと
      腕の力で台に尻を乗せるんだ」
      と言っています。やはりバランスと
      腕がポイントなんですネ。


      つながれたものの中で
      膀胱から尿を出す導尿が
      どうにもイヤでイヤで

      「トイレまで歩けたら取れます」

      という看護師さんの言葉を信じ
      翌日の昼に立ち上がり20歩ほどの
      トイレまでロングジャーニー。

      取れてすっきりはしましたが、
      その後は血の滲むような努力と共に
      尿意を催したらトイレまで
      たどり着かないといかないことを
      思い知らされました、笑。

      やれやれ…
      切迫で入院した際は元気なのに
      最高トイレまでしか歩いては
      ダメであとは車椅子移動でした。

      むしろ今、車椅子プリーズと
      言いたい…

      そんな気持ちでした。

      2日間はそんな感じでしたが
      3日目の朝にはだいぶ回復
      した感覚がありました。

      同時に日中は赤ちゃんのお世話、
      3日目の夜は初の夜間母子同室、
      そして授乳の練習スタート。

      あれよあれよという間に
      壮絶な痛みの体験は忘却の彼方〜。

      「私、帝王切開
      だったんです〜(サラリッ)」

      と言える自信、今ならあります!

      こうやって人は前進むのですね。
      また新しい発見となりました。
      出産 | permalink | comments(0) | - | - | -

      そして帝王切開へ

      0

        4日16:00、
        破水から32時間
        陣痛から23時間

        帝王切開で出産する運びに。

        手術というものが人生初!

        陣痛の苦しさから解放される
        と思うと気が抜けました。

        バタバタと準備され
        17:00に手術台にいました。

        疲れているハズが、なにせ
        身体にまつわること。

        妙にテンションがあがって
        目も頭も冴えてきました!

        (なぜか映画のシーンばかり
        頭に浮かんでくる手術でした、笑
        映画好きではない方ゴメンなさい)

        半身麻酔を打つために横向きに
        させられて、背骨の横に二箇所
        針をさします。

        ※さらにお腹側から羽交い締めに
        されて押さえ込まれます。

        これがまぁ痛いのなんの!!

        しかも見えない恐怖があります。

        テンションあがってる私、

        「いまどこに何をしているか
        細かく教えてください!」

        と聞いてました、笑。

        傷みの感じとしては
        マトリックスのコレ!


        こんなの背中に打たれたらズーンと
        痛そうですよね?
        そんな鈍痛でした。

        麻酔がすぐに効いて左足が
        正座のしびれのように
        麻痺していきました。

        仰向けにさせられて、右足も。
        さらには胸のあたりも感覚が麻痺。

        キルビルでユマ・サーマンが
        親指を必死で動かすシーン
        覚えてます!?


        足の指を動かそうにも
        脳との結びつきゼロ!!

        こうゆうことだったのネ!
        ユマわかったよ!

        (と、もはやおかしなテンション…)

        そして、開腹。

        半身麻酔の面白いところは
        意識があるため、執刀医たちや
        頭側にいる麻酔科の先生たちと
        お話ししながら開腹されること。

        けど、これって全体で見たら
        けっこうエグいですよね??


        わぁー「羊たちの沈黙」と
        同じだわコレ。
        ハンニバル・レクターだわぁー。

        ※エグすぎるのでモザイクかけました

        などと、執刀医にどんな進み具合か
        伺いながら、頭は映画の世界に
        飛びまくるという変な時間でした。


        そしていよいよ出産。
        お腹が押されて赤ちゃんが
        引っ張りだされます。

        ふんぎゃ…

        その声とともに現実にしっかりと
        引き戻されつつ、味わったことのない
        ものすごい多幸感に包まれました。

        声だけで、涙が溢れます。

        小児科医が赤ちゃんを
        さっとキレイにしたあとに
        顔の横に連れてきてくれました。

        まぁかわいい赤子だこと!!

        「かわいいかわいい」

        ただそれだけです。

        短い対面のあと、赤ちゃんは
        父親に会いに連れていかれました。

        「疲れるので傷を閉じるあいだ
        眠る薬つかいますか!?」

        いや、断固結構です!!

        と断りました、笑。

        だって折角の手術だし、
        執刀医のちょっとした会話も
        聞きたいし、赤ちゃんに会えた
        余韻にも浸りたいし…

        そんなこんなで、19:30に
        病室にあがりました。

        執刀開始からおよそ2.5時間。

        破水から丸2日。

        長い長い私の出産が幕を閉じました。

        11月4日18:03
        2882gの男児が
        ひっそりのこの世に
        生を授かったのでした。



        出産 | permalink | comments(0) | - | - | -

        陣痛がついて一晩越しました

        0

          陣痛がついてから14時間
          4日(火)朝7:00時点で
          子宮口は依然2cm…

          って8時間経ってまったく
          変わってないなんて!!!

          私の気配を察した看護師さんが

          「子宮の入り口はフカフカだし
          出口へ向いてきているから
          とてもいい状態ですヨ」

          と励ましてくれました、笑。

          陣痛がついてからは例のモニターで
          切迫・筋腫入院ブログ参照
          赤ちゃんの心音とお腹の張りを
          チェック。

          ↑コレを装着して
          ↓コレにつながれます。


          目下の心配の種、問題点は…

          ・破水から始まってしまったため
          羊水の量が減少していて
          陣痛のたびに赤ちゃんの心音が
          下がること

          ・子宮口の開きが悪いこと

          の2点。

          お腹の張りの値はコノ数値。


          張ってないときはゼロ。

          あ〜張りを感じるな〜が
          だいたい10前後。


          来てます来てます!が50越え。


          もうヤメテ〜!!の時は
          100を振り切りました。

          写真はそれどころじゃなくて
          撮れませんでしたが…笑。

          ちなみに赤ちゃんの心音は
          左の数値。


          通常120回/分前後が張りが
          100に近ずくと70くらいに
          落ち込んでしまっていました。

          【8:00】
          先生たちのミーティングで
          私の出産方針が提案されます。

          このまま赤ちゃんの心音が
          下がると危険で、母体にかかる
          負担も大きいので…

          ・帝王切開も視野に入れる
          (そのため朝から絶食、水もNG)
          ・羊水の代わりになる生理食塩水を
          膣から入れて心拍の様子を見る
          ・同時に促進剤を使ってみる

          とのことでした。

          サラッと書きましたが↑↑↑

          《《羊水を膣から入れる》》

          !!!

          ってマジっすか!?

          ハイ、マジでした、笑。
          医学はすごいがココはアナログ。
          チューブを差し込んで
          生理食塩水をチューっと入れます。

          もう貴重な体験すぎて
          だんだん楽しくなってきました。


          帝王切開までのリミットは
          最初の陣痛がついてから
          24時間の夕方5時あたり。

          促進剤と羊水増量でも
          子宮口が開かず産まれなかったら
          帝王切開という流れです。

          【10:00】
          まずは陣痛促進剤投与。

          モニターの値は常に100越え!

          5分に一度の100越えは
          かなり辛かったです、笑。

          【13:00】
          羊水投入!!

          絶食が決まった朝から
          導尿もしていて、もう
          ナスがママ!!

          どうとでもしてくれ!!

          そんな気分。

          【14:00】
          入れた羊水が陣痛のたびに
          漏れ出るため、一旦促進剤停止。

          【15:00】
          再び羊水投入!!!

          この時点で、促進剤のための
          強い陣痛、絶食、寝不足から
          睡魔に襲われました。

          ウトウトすると不思議と
          陣痛が遠のきます。

          【16:00】
          子宮口4cm。

          まだ4cm…

          諸々の点から帝王切開で
          出産することが決まりました。



          むか〜しから自然なお産が
          したくて若い頃から四つん這いでの
          出産のイメージトレーニングを
          したり、体や産後ママに携わる
          仕事を始めてから、さらに勉強
          をしてみなさまからも知識を得て

          初期の流産を経験しつつも
          無事に赤ちゃんを授かり

          助産院での自然分娩がしたくて
          さらに体を整えて食事に気を配り

          その中で筋腫からくる
          切迫早産のため10日入院し

          助産院での出産を諦めて
          ようやく今日が来た

          あ〜色んなことがあったな〜

          こだわりを捨てて

          すべてを受け入れて

          赤ちゃんの命と
          自分の命を第一にお腹から
          出産するのだワ


          そんな、ことを考えていました。
          ちょっとセンチメンタルな気分。


          を味わえたのもつかの間!!

          帝王切開と決まった途端
          医師、看護師、助産師が
          バタバタと動き出しました。

          出産 | permalink | comments(0) | - | - | -

          出産へ至る長い道のり

          0

            自宅に帰り5日が経ちました!

            ブログに書きたいことが日々
            盛りだくさんです、笑。

            何をするでもなく赤ちゃんの
            お世話をして日々が流れて
            行きますが、まずは想定外の
            出産よもやま話から!!

            ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

            11/9に予定していた出産。

            3日(月)朝8:00
            つつつーと破水のような
            水分が流れ出ました。

            9:30病院へ到着。

            破水と診断されてLDRへ。


            陣痛・分娩・養生が同じ場所で
            行えるLDRです。

            4部屋あるうち私は2番のお部屋。
            右の扉が閉まっている所です。


            最初は生理痛のような軽い
            腹痛があるのみ。

            ダラしなくて申し訳ないんですが(笑
            携帯イジる余裕さえあります。


            お昼に出た病院食のカレーもペロリ。

            この時点で子宮口はまだ
            1.5cmしか開いていません。

            子宮口は10cm開けば
            分娩できます。
            ちょうどグレープフルーツ大の
            赤ちゃんの頭が産道を通過
            できるくらいの広さです。

            わぁーまだ8.5cm足りない…
            先は長いです!!

            17:00、定期的な腹痛
            陣痛がつきました。

            が、

            21:00 子宮口依然1.5cm。
            陣痛5分前後に1分継続しています。

            23:00 子宮口2cmへ。

            夜半に助産師さん曰く

            「朝の8時に産まれたら
            超ラッキー、昼過ぎなら
            ラッキーくらいに構えてて」

            とのこと。

            初産の平均陣痛時間は
            12〜14時間と言われています。

            夕方の5時に陣痛がついたので
            翌朝に産まれれば御の字。

            私もそんな気概でいましたし

            うん、まだ平気平気と
            痛みに耐えることができていました。

            >つづく






            出産 | permalink | comments(0) | - | - | -

            無事に出産・退院しました!

            0
              4日に無事に元気な男児を
              出産し、本日退院しました!

              多くのゆる木のお客様の予想

              「稲垣ならスポンっ!と産む」

              を見事にくつがえし
              長〜い長〜いお産となりました。

              破水から始まり、陣痛24時間、
              トータル32時間の格闘の末
              帝王切開での出産となりました。

              すべてが未体験でどれもこれもが
              いい経験になりました。

              難産

              という感覚は不思議となく
              大きく捉えてとても実のある
              いいお産でした。

              また別途、ちまちまと
              体験記をつづって行きますので
              ぜひお読みになって下さ〜い!



              出産 | permalink | comments(0) | - | - | -

              破水しました(微量)

              0

                予定日を一週間先に控え
                微量の破水をしましたー!

                朝起きて、あれ?

                さらさらさらーと水分が
                体から出ました。

                病院へ連絡したら受診する
                ように言われ、検診をうけたら
                破水でございましたー!

                ただ子宮口はまだまだなので
                様子見だそうです。

                血液検査の結果をみて
                今後の方針がきまるそう。

                羊水が少なくなりすぎると
                赤ちゃんが危ないので

                ・子宮口を開かせる処置
                ・促進剤
                ・帝王切開

                などのオプションが
                今後、考えられます。

                さてさてどうなりますことやら☆

                出産 | permalink | comments(0) | - | - | -